あなたの高血圧治療は間違っていませんか?

荒木式食事法は、自宅で誰でも簡単に実践できる

 

高血圧を根本的に改善させる最も効果のある食事法です。

 

この食事法を実践したたくさんの方々が、高血圧を改善させています。

 

あなたの高血圧治療は間違っていませんか?

 

日本の高血圧患者の人数は、約4,000万人以上とも言われていて、

 

これは、日本人の約3人に1人が高血圧症であることになってしまいます。

 

どうして病院できちんと治療をしているのに、高血圧患者の人数は減らないのは、

 

今までの高血圧の常識は間違いだらけだったからではないでしょうか?

 

根本的に高血圧を克服する画期的な食事法である荒木式食事法で、

 

どのように高血圧を改善するのかその理論と実践方法を公開しています。

 

 

 

 

こんな高血圧の悩みありませんか?

病院に通って治療を続けてもなかなか血圧が下がらない

 

薬を飲んでも血圧が下がらず、本当に効いているのか不安になる

 

今後一生、薬を飲み続けなければならないのだろうか…

 

薬を飲みたくない、やめたい、副作用も心配…

 

減塩などの食事制限をしても効果を感じられない

 

キツイ運動をするのはもう無理、続かない

 

禁煙、節酒、減量でかえってストレスがたまる

 

そんなあなたには、荒木式高血圧改善プログラムがおすすめです。

 

荒木式食事法は、降圧剤や減塩食に頼らず血圧をコントロールし、

 

脳卒中や心筋梗塞などの合併症を未然に防ぐ食事法になっています。

 

荒木式食事法とは?

 

誰でも簡単に自宅ではじめられる食事法です

 

調理方法は非常にシンプルなのですぐにはじめられます

 

塩分を測ったり面倒なことをする必要はありません

 

必要な食材はお近くのスーパーで簡単に手に入れられます

 

食材以外に特に必要な物はありません

 

お腹いっぱい食べられる食事法です

 

種類によってはお酒もOKです

 

もちろん薬を必要としない食事法です

 

荒木式食事法 実践結果はこちら

荒木式高血圧改善プログラム 口コミ・評判

 

血圧 176/118 ⇒ 129/98

 

今から10年前に高血圧と社内検診で判断され、やむなく降圧剤を服用していました。

 

なんとか 120〜140/70〜90 にコントロールしてきました。

 

運動をして体重を維持する程度でしたが、 食事は外食が多く、糖分多、炭水化物中心で、

 

今思えば糖尿病予備軍の生活でした。

 

昨年秋定期検査で糖尿病の治療が必要といわれ、このままでは薬ずけになると思い、

 

生活、食事改善をしなければと思っていたときに、DVD「荒木式」に出会いました。

 

減糖食を2週間程している間に血圧が下がってきたので、

 

断糖食は高血圧に効果があると実感したので、降圧剤の服用を止める決心をしました。

 

断糖食の本格的な開始と同時に降圧剤の服用を止めました、

 

反動で160〜170/100〜120位になりましたが、

 

3日くらいで130/90〜100に下がり、びっくりしました。

 

体重 73.5Kg → 70.8Kg、 

 

血糖(朝) 140mg/dL → 70〜100mg/dL 

 

(断糖食30分後) 105mg/dL

 

まだ断糖食を開始して2週間ですが、こんなに効果があるので、楽しみながら継続しています。 

 

荒木先生、ありがとうございました。

 

今後共よろしくお願いします。

 

 

 

血圧 175/98 ⇒ 137/70

 

酒・ビールを焼酎・ウイスキー水割りにかえ、

 

ごはんは夜のみでほんの一口しか食べず、野菜はたべてます。

 

また、毎日自宅で30分x2回据え置きの自転車をこぐ運動をつずけた結果 

 

H.A1c 7.1から6.0にさがりました。

 

また、体重も66kgから61kgに減量したので血圧も下がったと喜んでいます。

 

10年以上血糖・血圧の薬を飲んでましたが、現在は何も飲んでいません。

 

荒木先生、本当に感謝しています。

 

 

 

血圧 180/110 ⇒ 110〜120/60〜70

 

荒木先生の食事法は本当に本質的な食事法で、すごく納得しました。

 

元々、高血圧家系であった為、日頃から血圧を測る機会がある際には、

 

日々の変動や数値に気を付けてはいました。

 

疲れている時は急に血圧が上記の数値ぐらいまで上がる事が稀にありました。

 

今までに何をしても安定しなかった血圧が、荒木式の断糖食を取り入れてから短期間で改善し、

 

今では血圧は安定しています。

 

これには正直驚きを隠せませんでした。

 

高血圧で困っている人には、ぜひ、お薦めしたい食事法です。

 

料理が簡単なのに美味しくて、お腹いっぱい食べられるのも魅力です。

 

欲を言えば、断糖食だけのレシピ本を発刊して頂けると有り難いなと思います。

 

バラエティーに富んだ断糖食が出来ればいいなと思っています。

 

荒木先生、本当に感謝しています。

 

 

 

血圧 155 ⇒ 140

 

体重 75Kg → 65Kg

 

本質的な食事法で、効果は感じます。

 

薬をやめて意外と下がり、実践すると2、3日で血圧に変化が表れ、

 

これには、正直驚きを隠せませんでした。

 

逆に、ご飯やパンを普段のように食べれば元に戻ります。

 

でも、荒木式食事法の理論からすると下がって当たり前なのですね。

 

ただ世の中には糖質であふれかえっていて、なかなかその世界から逃れられないのも事実です。

 

これまで、いろんな高血圧の書籍やDVDを試しましたが、

 

荒木式食事法が最も本質的で、一番効果がありました。

 

世の中の矛盾との戦いを感じます。

 

高血圧で困っている人には、ぜひ、お薦めしたい食事法です。

 

もっと、糖質OFFの商品が世に出てくれることを願います。

 

塩分を制限することを、お経のように教えられてきたこれまでとは違い食べていいもの、

 

美味しいものを選んでお腹いっぱい食べられるのが魅力ですね。

 

 

荒木式高血圧改善プログラムの口コミ・評判をもっと見る

高血圧の本当の恐ろしさ

荒木式食事法に限らず、効果的な高血圧の治療ができなかった場合に、

 

高血圧が原因で生命に危険を及ぼす病気を併発するという可能性もあります。

 

高血圧の本当の恐ろしさは、命に関わる病気を併発してしまうことです。

 

例えば

 

脳疾患

 

脳失血

 

くも膜下出血

 

脳梗塞

 

心臓疾患

 

心筋梗塞

 

狭心症

 

心肥大〜心不全

 

腎臓疾患

 

腎不全

 

 

血圧が高い状態が続けば続くほど、その危険性は高くなってしまいます。

 

でも、荒木式食事法を実践すれば、血圧を正常範囲内にコントロールすることが可能になります。

 

早い人で3日〜2週間

 

遅い人でも数週間ほどでその効果を実感しています。

 

血圧をコントロールすることができれば、命にかかわる重大な病気を併発する可能性も

 

抑制することが可能になり、荒木式食事法を続けていれば、

 

高血圧で悩んだり心配したりすることもなくなります。

 

薬を飲んでいるから大丈夫だと思っていませんか?

危険な副作用をともなう降圧薬は、おすすめできるものではありません。

 

一度薬を飲み始めると、薬の種類と量はどんどん増えていってしまう可能性も…

 

「薬を飲み続けても、なかなか血圧が改善しない」

 

と感じていませんか?

 

そもそも高血圧を薬で治すことはできません。

 

一般的に使用されている高血圧の薬(降圧薬)の多くは、

 

一時的に血圧を下げる対処法として使用されるものだからです。

 

高血圧を改善するためには、根本的な原因を理解して、正しい治療をしていくことが大切です。

 

高血圧は“生活習慣病”です。

 

薬では治せません。

 

減塩をしているから大丈夫だと思っていませんか?

 

高血圧で病院へ行くと、主治医や栄養士から、

 

「塩分を減らした食事をしてください」

 

と指導されると思います。

 

これは、高血圧を改善する療法として常識になっていることです。

 

でも、実は、この常識を覆したあるプロジェクト結果があります。

 

それは、2000年に厚生省が開始した「健康日本21」というプロジェクトによるものです。

 

このプロジェクトの目的は、生活習慣病や健康の改善でした。

 

「1日30分以上の運動」、「塩分を控える」など、いくつかの目標が設定され、

 

5カ年計画で進められました。

 

そして、最終的に目標を達成できたのは、「低塩と減塩」だけでした。

 

高血圧の原因とされていた“塩”の摂取量を減らしたわけですから、

 

高血圧の人の数も減るはずだったわけですが、

 

高血圧患者は減るどころか増えてしまい、さらには降圧薬を飲む人の数までも増えてしまったのです。

 

そして、この結果を見てはっきりしたことは、

 

“塩分を控えても血圧は下がらない”

 

ということだったのです。

 

この結果からみても、塩分と血圧には関係がないのがわかりますね。

 

それどころか塩分は、私たちの体にとって絶対に欠かすことのできない重要なミネラルなのです。

血圧が上がってしまう原因は?

血圧=硬さ×太さ×長さ

 

血圧とは血液が血管の壁を押す力のことで、

 

3つの血管の状態によって上がったり下がったりします。

 

 

血管がとても柔らかく、広く、そして、短かったら、血圧は低くなり、

 

逆に、血管がとても硬く、狭く、そして、長かったら、血圧は高くなります。

 

血管の『硬さ』と『太さ』が血圧に大きく関係しています。

 

血圧を上げる原因の1つは、血管が硬くなってしまうことによるもので、

 

その大きな原因は「老化」で、老化の原因の1つとなっているのが「糖」になります。

 

「糖」が「動脈硬化」の原因となり、

 

「動脈硬化」が原因で高血圧になってしまっているのです。

 

それから、血管が細く狭くなると血圧は上がります。

 

一般的には、「コレステロール」が付くから血管が細くなると言われています。

 

でも、実は、それよりも圧倒的に多い成分があり、

 

それが、「血小板」や「白血球」です。

 

血管に狭窄が起きている原因は、

 

コレステロールが付いたからではなく、血管が傷ついたことによって

 

「血小板」や「白血球」が集まって来たからだったのです。

 

そして、血管が傷ついてしまった一番大きな原因は、ビタミン不足だと考えられます。

 

特に、「ビタミンB12」が不足すると、

 

ホモシステインというアミノ酸の一種がたまって血管がボロボロになってしまうのです。

 

「ビタミンB12」の不足が原因で血管がボロボロになり、

 

ボロボロになった血管が傷つけられると「血小板」や「白血球」がたくさん集まり、

 

「血管の狭窄」を引き起こしてしまっていて、血圧を上げる大きな原因の1つになっています。

 

この他にも、体が「酸性」になっていることが原因で、体中に酸素が行き渡らなくなり、

 

血圧は上がってしまうということなのです。

 

体が酸性になる原因は、食事で摂取した「糖」が体内に余って、

 

乳酸という酸に変えられることが原因で起こります。

 

「糖」の摂取が原因となって体が「酸性」になり、その結果、血圧が上がってしまうのです。

 

それから、「インスリン抵抗性」が原因で高血圧になります。

 

「インスリン抵抗性」とは、

 

必要なエネルギー以上に「糖」を体内に摂取するとことが原因で起こる症状です。

 

「インスリン抵抗性」は、

 

交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスを崩す原因となります。

 

自律神経のバランスが崩れると、血圧は安定しなくなります。

 

余分な「糖」の摂取が原因で、「インスリン抵抗性」が起こり、

 

その結果、自律神経のバランスが崩れ、血圧が上がってしまうのです。

 

自律神経のバランスが崩れると、血圧は安定しなくなります。

 

このようなことが、血圧が上がる根本的な主な原因になっています。

 

高血圧の原因になっているのは、「糖」や「ビタミン不足」であって、

 

これが、高血圧を根本から改善する“新しい常識”なのです。

 

高血圧にならないために…

実際に、世の中には、「糖」をほとんど摂取せず、

 

「ビタミンB12」をたっぷり摂取して健康に暮らしている民族がいます。

 

その代表的な民族は、

 

氷の世界に住むエスキモー

 

アフリカのサバンナに住むマサイ族

 

モンゴルの草原に住む遊牧民

 

3つの民族に共通していることは、「糖」を摂取せず、

 

「ビタミンB12」をたっぷり摂取しているという点です。

 

彼らには、高血圧をはじめ、糖尿病などの生活習慣病がほとんど見られないのです。

 

さらに、脳疾患や心臓疾患なども極めて少ないことが分かっています。

 

高血圧を改善するための荒木式食事法とは、

 

この“高血圧にならない民族”の食生活の一部を取り入れた食事法です。

 

高血圧を改善するためには、その原因となっている

 

「動脈硬化」

 

「血管の狭窄」

 

「体の酸化」

 

「インスリン抵抗性」

 

これらを未然に防ぎ、改善していくしかありません。

 

その原因となっている「糖」をカットし、

 

「ビタミンB12」不足を補ってあげれば予防できますし、

 

既にその症状が出ている場合でも改善することができます。

 

荒木式食事法を実践すれば、血圧を正常範囲内にコントロールして、高血圧を改善して、

 

健康な毎日を送ることは可能になります。

 

でも、「糖」をカットし、「ビタミンB12」を摂取する食事といっても注意が必要です。

 

特に、最近の加工食品にはたくさん「糖」が使われています。

 

単純に「糖」をカットすると言っても注意が必要なのです。

 

また、「ビタミンB12」に関しても非常に大切な栄養素ですので、

 

効率良く摂取する必要があります。

 

具体的にどのような物を食べれば良いのか?

 

どのような物は食べてはいけないのか?

 

他にどのようなことに気を付けなければいけないのか?

 

どうすれば、すぐに自宅で始めることができるのか?

 

その全ては、荒木式高血圧改善プログラムで詳しく解説しています。

 

荒木式食事法のすべてを“正しく理解し”、“正しく行えば”、高血圧は改善します。

荒木式高血圧改善プログラムの内容

第1部 なぜ高血圧は治らないのか?〜他では聞けない高血圧、血管、体のしくみ〜

 

第2部 糖を断てば血圧は下がる〜生活習慣病は薬で変えられません〜

 

第3部 もう騙されない!高血圧と塩分の誤った常識

 

第4部 【荒木式】断糖食で高血圧を克服!

 

第5部 【荒木式】断糖食Q&A〜さようなら高血圧、さようなら生活習慣病〜

 

DVD2枚組
Disc1:66分
Disc2:82分
合計:148分

 

特典1 冊子マニュアル1 Action Plan(行動計画)39ページ

 

特典2 冊子マニュアル2 DVD収録内容のまとめ49ページ

 

特典3 ご参加者さま限定のサポートサイトご招待

 

特典4 ご参加者さま限定のフォローアップメール

 

安心の全額返金保証

 

 

あなたがやるべきことは…

荒木式食事法を正しく実践するためには、

 

荒木裕さんが院長を務める崇高クリニックを受診するのが一番の方法です。

 

でも、崇高クリニックを受診できない方のために、

 

2週間の指導入院で教えている荒木式食事法のすべての内容をDVDにまとめました。

 

それが、荒木式高血圧改善プログラムです。

 

病気の原因をしっかりと理解しておかなければ、病気を根本的に改善することが難しくなります。

 

病気のことをちゃんと理解して、正しく対処すれば、

 

「どんな治療法を試しても、なかなか血圧が下がらない…」

 

なんてことはありません。

 

あなたに

 

“正確に”荒木式食事法の実践方法を理解して、

 

“正しく”この食事法をしていかなければ、意味がありません。

 

そのためにあなたがやるべきことは、

 

1、DVDを見る

 

2、DVDの内容を理解する

 

3、DVDの内容を実践する

 

たったこれだけです。

 

あなたも、荒木式高血圧改善プログラムをきちんと理解して、

 

しっかりと実践すれば、こんなメリットが…

 

短期間で効果的に血圧をコントロールし、高血圧を克服できます。

 

脳卒中や心筋梗塞の心配がなくなります。

 

いつまでも健康で充実した毎日を送り続けられます。

 

血圧は季節によって変動します。

 

血圧が上昇しやすくなる冬場は、心筋梗塞や脳卒中などの発症が増加してしまいます。

 

高血圧の方は特に注意して下さいね。

 

私の祖母は、くも膜下出血で亡くなってしまいました。

 

そういえば祖母も血圧の薬飲んでたなぁと思い出されます。

 

もっと早く荒木式高血圧改善プログラムのことを知っておきたかったと思いました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。